×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

テニスのお寺  電脳網庭球寺

 

山門

講堂

夢殿

僧房

経蔵

宝蔵

回廊

 

夢殿

 

 

 

第073房 2007年テニス界10大ニュース (2008/01/20)

テニスのお寺 電脳網庭球寺 僧房編
「2007年 テニス界20大ニュース」

各リンク先で記事をご覧ください。

その01 カナス、フェデラーにハードコートで二連勝
その02 バルトリ、エナンの生涯グランドスラムを阻止
その03 ジョコビッチの台頭
その04 ウィリアムズ姉妹健在
その05 ナダル、クレーコート81連勝 止めたのはフェデラー
その06 全仏・全英男子単決勝 二年連続でフェデラー対ナダル
その07 セルビアコンビ、ブレーク ヤンコビッチとイバノビッチ
その08 ナルバンディアン MSマドリッド・パリ連覇
その09 クライシュテルスの引退
その10 ゴンザレス充実
その11 チャクベターゼの台頭
その12 フェラーの活躍
その13 ヒンギスの二度目の引退
その14 ヘンマンの引退
その15 ダベンポートの復帰
その16 ウィンブルドン、雨天によるスケジュール混乱 
その17 フェデラーATP No1在位記録更新
その18 ツアー改革
その19 それでもNo2 クズネツォワ
その20 今年も No1 of No1 フェデラーとエナン

その他のニュースとしては、八百長疑惑が問題になったこと、ガスケの活躍、チャクベターゼの自宅に強盗が入る、フィリポーシスの復帰が絶望的、などという報道が流れました。また日本人選手に目を向けると、錦織選手のツアーレベルでの活躍、奈良くるみ選手の世界スーパージュニア優勝、フェドカップチームのワールドグループ陥落などがありました。

今年も男子は結局四大大会では全仏をナダルが取り、全豪・全英・全米をフェデラーが取るという去年と同じ展開になりました。ただ、マスターズシリーズ格の大会では打倒フェデラー、打倒ナダルへの期待が現実のものになった大会がありました。来年は四大大会で実現するのではという期待を今感じています。
一方で女子はエナンが全英SFで負けてから後半戦負けなしの連勝街道をひた走っています。2004後半のフェデラーとその姿が重なりますね。今のエナンを止めることが出来る選手は誰なのでしょうか。
来年も熱戦を期待しましょう。


なお過去の10大ニュースに興味のある方はこちらからどうぞ

2006年テニス界10大ニュース
2005年テニス界10大ニュース
2004年テニス界10大ニュース


戻る