×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

テニスのお寺  電脳網庭球寺

 

山門

講堂

夢殿

僧房

経蔵

宝蔵

回廊

雑記

 

講堂

 

 

 

第156房 「スマッシュはクロスの方が難しい 」 (2009/08/30)

 

基礎練習、スマッシュである。一通り打たせた後、応用に移る。
「フォアサイドの人はクロスに、バックサイドの人は逆クロスにスマッシュを打ってください。ベースラインでなく、サイドラインを抜けていくように、角度をつけて打ちます。」
「100パーセント、決めるためのショットです。相手はスマッシュの構えを見せると、下がれるだけ下がって、後は運を天に任せて、手の届く範囲に来るスマッシュを返球しようとします。ベースラインに二人が並んで立たれると、意外と取られるものなんですね。だからスマッシュの構えをして、相手を後ろに下げて、開いたワイドをスマッシュで狙うのです。」
「バックサイドから逆クロスに打つスマッシュと、フォアサイドからクロスに打つスマッシュ、どちらが難しいと思いますか。逆クロスの方が難しいが一見難しいと思えますが、実は難しいのはフォアからのクロスです。」
「スマッシュを打つときの後ろ足、右利きなら右足ですね、これが逆クロスに打つときは後ろに引きやすいのですよ、肩を打つ方向に向けるから。でもですね、バックからクロスに打とうと思うと、足も動かさずに、体が開きやすいのですね。だから手打ちになりやすい。打つ前に、一度背中をクロスに向けるぐらいのつもりで肩を入れてください。ここをサボると、ミスすることが多いものです。」
コーチの言うとおり、バックからクロスに打つ方が難しいわ、当りがおかしくなる。プロの試合を見ているとスライス回転をわざとかけるスマッシュをこの方向に打つけど、あれは簡単なのかな。

 

戻る