×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

テニスのお寺  電脳網庭球寺

 

山門

講堂

夢殿

僧房

経蔵

宝蔵

回廊

雑記

 

講堂

 

 

 

第135房 「センターからの逆クロスボレー」(2009/08/30)

 

今日のダブルスの練習はセンターに来たボールを逆クロスに打ち返す練習である。
「ダブルスでのネットでは安易にストレートに打ってはいけません。逆襲されます。先に角度をつけられてしまいます。ネットに出て行いるからといっていつも攻めているわけではないのです。クロスからセンターに入ってきたボールは、クロス側にいるボレーヤーが打つ場合、逆クロスに打つことになります。これが打てないと平行陣になる意味がありません。受けて立つ雁行陣側は相手並行陣に対して後衛はクロス側のボレーヤーに内側の手でボレーさせて、それを逆クロスにいる後衛に返球できなければ相手前衛のいるところにボールがかえって、前衛にネットより高いところでつかまると叩かれます。ネットより低いところでは特に逆クロス側
返球することがクロス側のボレーヤーには大事なことです。」
とセンターに来たボールを逆クロスにボレーする練習をする。
ミドルボレーはまだ出来る。だがローボレーになると返らない。
「逆クロスボレーの打ち方はストロークとは違いますよ。ボールの内側を捉えてイン−アウトのスイングするのがストロークですが、ボレー、特にローボレーでは逆です。ボールの外側を捉えてアウトーインで面を内側に引き込むのです。サイドスピンをかけるつもりで打ってみてください。コートに入ってからバウンドしてサイドに逃げていくボールが打てますよ。」
ってそんな簡単にいくかいな。外に逃げる逆クロスローボレーを身につけるべく、練習が続く。フォアはまだ良いのだが、バックのほうがね、足が前に出ないのだよ。打点がおかしいのかな。




戻る